CASE.1 交通事故にあったら

./

./

どんな些細な事故でも、しっかりした治療を受けなければ、後遺症が残る恐れがあります。 また、事故にあってしまった時にすべきことが出来ていなかったがために、治療を受けるのに本来受けられるはずの援助を受けられないなどの問題に直面してしまうことも…

できるなら、抱える問題は少ない方がいいと考えるのは誰しも思うこと。
交通事故にあってしまっても、持っていることであなたの役に立つ交通事故の知識を提供します。
交通事故マンガ

交通事故にあった時、どうすればいいの??

交通事故の流れ

交通事故のイラスト

STEP.1 被害状況を確認

交通事故に遭ってしまったら、車同士の場合、同乗者、ご自身の安否を確認しましょう。 安否が確認できた場合、事故の相手の運転手、同乗者の安否を確認してください。
交差点などの場合は、事故で巻きこまれてしまった歩行者などいないかも確認して、救急車や消防車を呼ぶ必要があるなら連絡し、看護や応急処置を行いましょう。

また、可能なら事故車を路肩や側道に寄せ通行がスムーズに行くように措置をとり、事故の現場をしっかり確認しましょう。

交通事故の相手の「氏名」「住所」「連絡先(電話番号など)」「自動車登録ナンバー」や「保険会社の連絡先」を忘れずにメモなどに記録しましょう。

./

パトカーのイラスト

STEP.2 警察へ連絡

警察は交通事故の際の重要な役割を果たします。 警察に来てもらうことによって、事故証明というものが発行されます。
この事故証明があると、その後の治療や保険金などの面で問題なく手続きが進められます。

交通事故の際にはパニックに陥ってしまう、相手が嫌がるなどの理由から警察を呼ばないケースもあって、示談で済ませようという方向性になることもありますが、 そのような解決策は避けて、必ず警察を呼んでください。

./ 交通事故の程度にかかわらず、相手の示談に応じてしまうのは大変危険です。

その場の状況で物事を決めてしまうと、あとになってから後遺症と思われる症状がでた時に、そのすべてを自己責任で治療、解決しなければならなくなってしまいます。

単純に考えると、その場で示談をした方が警察などを介入させることなく速やかに解決できて楽だと思うかもしれませんが、警察にきてもらわなければ事故証明を発行してもらうことができません。
その場で発行してもらわなければ、あとになって請求してもだしてもらえません。

./

携帯電話のイラスト

STEP.3 保険会社へ電話

警察への連絡と共に保険会社への連絡もできるだけ早く行って下さい。 そうすれば、保険を使った治療の際でも安心ですし、事故後の対応に関してもスムーズに進めていくことが可能になります。

./

精密検査のイラスト

STEP.4 病院で診察を受ける

交通事故を経験したなら、仮に自分では何とも感じていなくても必ず病院に行くようにしてください。

自分では感じていなくても、交通事故の衝撃が体に大きな負担をかけている可能性は十分考えられます。
相手が嫌がっていても、自らの意志で出向くようにしてください。

絆鍼灸整骨院では、他の医療機関と同時に治療を希望される方も受け入れていますし、転院に対しても積極的に対応しています。 詳しくはご相談いただければご説明します。

交通事故にあってから(約)2週間以上経ってから、病院などの医療機関に行っても、事故との関係性が証明されないことがあります。

その場合、補償が受けられないのでご注意してください。

./

施術を受けているイラスト

STEP.5 後遺症が残らないよう整骨院で治療

絆鍼灸整骨院では丁寧なケアを受けることができます。
それぞれ状況は異なるので、まず時間をかけて問診を行い、その後症状に適した方法でアプローチしていきます。 交通事故によって影響を受けたところを元に戻していくことができます。

場合によっては一定期間安静にしていたなどの理由から、リハビリプログラムや筋力回復トレーニングを採用することもあります。 少しでも早く交通事故前の体に戻すことができるよう、全力でお手伝いいたします。

お問合せ・ご予約はこちら

交通事故・むち打ち治療のご相談は、072-812-3752まで。予約優先制。
TOPへ戻る